手の甲の脱毛にはいくつか方法があります。
まずは自己処理です。自己処理はカミソリですることが多いと思います。
カミソリは除毛です。抜くのではなく、皮膚から見えている部分だけを除くものです。

カミソリはどこでも売っているので、手軽にできます。
しかし、カミソリは毛だけではなく皮膚の表面も一緒に削ってしまいます。お肌の弱い方はヒリヒリと炎症を起こします。
自分でも気づかぬ間にお肌を傷つけている可能性があります。

そして自分でできる脱毛は、毛抜きで抜いたり脱毛機を使用して行います。
いずれも生えている毛を引き抜くだけなので、しばらくすればまたすぐに生えてきてしまいます。
生えては抜くの繰り返しで、お肌を痛めつけることになります。一時的な効果で頻繁に行わなければ手軽にできる最適の方法です。

そしてエステや医療機関でも脱毛ができます。
エステでは光脱毛、医療機関ではレーザー脱毛で脱毛をします。

まず脱毛したい部位に光やレーザーを照射します。光やレーザーは皮膚を通し、毛の元の黒い色素に反応します。
そして熱によって毛の元にダメージを与えます。そうすることで毛を生えにくくさせるのです。
エステと医療機関では効果に違いがあります。

エステでは照射することのできる出力に限界があります。
お肌への負担は少ない方法ですが永久脱毛かできません。いずれ生えてきてしまうものです。
医療機関では医師や看護師にしか扱うことのできない強い出力で照射することができます。
毛の元を破壊する威力があります。毛の元は破壊すれば再生することはないので永久脱毛することができます。

このように方法によって効果には違いがあります。
まずは自分がどの程度、手の甲の脱毛効果を求めるかによって選択します。
施設ごとに細かな違いや価格にも差があるので、よく調べてから決めましょう。
カウンセリングだけや、体験を受けることもできます。実際に施術の流れを体感してから通うのが安心です。

手の甲の脱毛を検討しているなら全身を検討してみてはいかがですか?
手の甲だけじゃなく顔やVIOもすべて含まれていのに月額制で通いやすいサロンもたくさんありますよ。

超簡単!脇汗を劇的に止める方法
ワキガや多汗症の人はもちろんですが、ワキ脱毛をした後で意外と多い悩みが脇汗。
どうやらワキ脱毛することで脇汗が目に付くようになるようです。
そんなときに簡単なことで脇汗を止められる方法が紹介されています。